武士の商法

僕が武家の出かどうか、そういう話をしているのではない。
武士の商法ということについて。

明治維新。
散髪脱刀令により、外見はもちろんのこと、その生業も剥奪され
いわゆる武士は武士として生きる事ができなくなり、
ある者たちは、自分らの生き方を貶めてまで生きたくはない、それならば、と
次々と切腹して果て、またある者たちのうち、生きていく上でしかたなく
都合のいい口利きがある者はいわゆる天下り的な転職を、
他は泣く泣く本来苦手な商売をしたり、背に腹をかえられず、
なにかの労働に耐えて従事していく事になった者がおおかただったであろう。

突然なにを僕が言い出すのか?と思った人もいるでしょう。
僕はふと、こういう事が気になって、他人事ではない思いがしているからです。

もちろん、僕のような怠け者の絵描きの端くれは、立派な武士とは全然違う
立場におりますけれども。剣道もヘタですし(笑)。

この10年は如実に、商業美術におけるイラストレーションの仕事は
少なくなって、単価も安くなってきました。10分の1のギャランティ、
場合によっては同じ仕事でも100分の1の報酬しか得られなくなった人も
多いかと思います。(そやろ?)
そのことを、僕はあまり言ったり書いたりしたくはありませんでした。
自分を含め、見る人に悪い刺激を与えたりしたくはなかったし、
また、ネガティブな発言で、胡散臭い人たちに足元をすくわれたくは
なかったからです。

チカラさんはクリエイターの偉いさんのお友達がいるし、知り合いには
大手の社長さんもいるから安泰だよね^^うらやましい〜。
といわれます。
僕は、皆様にはお世話になっております。ありがとうございます。
と、日々申しておりますからオートマチックに癖になっています。
確かに感謝の心はほんとに変わりありませんが、
先日、クリエイターの友達と話をしていました。
すでに当たり前のことになっていますが、改めて唸りました。

今は、広告に使う写真はもちろん、イラストも膨大な数とバリエーションを持つ
フォトストックの会社の数々からダウンロードすることが日常だそうで
それがまたべらぼうに安いそうです。
クォリティもコンピューターの進化や、お小遣い稼ぎをしたい国内外の
人力で、驚愕に価する低コストでしのぎを削る良いものが出ています。

渡辺には個人的には発注したいんだが、社の担当デザイナーは
どうしてもフォトストック使うんだな〜。そのほうが早いし便利だし。

取引先の社長さんがたも、かねがねあなたには新作を描き下ろしていただき
たいのですが、案外、社長というものは決定権がなくて・・・・。

これらの言い回しはいまは僕、寝言でも上手に唱えられます。

ボク偉いでしょ?^^

また、こういうこともあります。
あるフォトストックに我が社は副業として大量にデータを預けているんですが、
チカラさんもやりませんか?

お小遣い稼ぎができますよ!と。

う〜〜〜ん。お小遣いなあ・・・・。

お小遣いなら似顔絵でやってるよ。と、言いたいところですが、
この業界も、なんとこのクォリティで500円!タッチもさまざまで
リアルからコミック、CGまで最短時間で!!
ロボットが描きます!と、いうのもあります。
まあ、多くは外国の方が血反吐を吐きながらアップしているわけです。
極悪な条件で。

そんなFB(フェイスブック)の広告記事に、クリエイターの知り合い達が
こともあろうに「いいね!」を連発しているわけです。

ああ。

あああああ・・・・・・・。

流行りだともいうのもあるけど、年齢も年齢だし僕も断捨離を
こつこつと進めてきました。
綺麗なかわいい人と生涯暮らしたいという欲望も褪せてきました。
絵付け陶器を並べるのに買ったから、赤い毛氈もあります。
いつかは買おうと思っていた、白木の三宝も買いました。
仕事柄、和紙はあります。
まあ、お小遣いで観賞用としてなら誰でも買えるので、
白鞘の短刀を買いました。
白装束もオークションで安く買えるでしょう。

以前、「お前なんかこの場で切腹してしまえ!!」
と、言われたことがあります。
その人にも当て付けにできる好都合でもあります。
そのお作法についてはネットで入念に下調べもしています。
ただ、ひねり出した腸を刻んで憎らしきあいつらに
見事に放り投げられるかはまったく自信がありませんが・・・

辞世の句はパソコンで何回も修正し、名セリフをコピペし
こつこつ書いてまいりました・・・・・。

僕は切腹することにしました。

て、
いや、それだけは撤回です。
まだ死にたくはないですわ^^;(笑)。

武士の商法はなかなかきついです。
食わねど高楊枝している様も、僕には絵になりません。

まあ、いまに見て御覧なさい。御覧なさい。御覧なさい。(笑)
さらに本来の誇りある画家生活を目ざして行きます。それは譲れない。

いつかはあれやこれやをこれでもかとスクラップ&ビルドして、
いまだに野望の王国を作りたいと思って鍛錬を怠らず、日々精進し、
決っして怯まず、奢らず、偽らず、人々に慈悲の心を用いて、いよいよ
朝な夕なに心美しく神仏を敬い、健康的な暮らしをしております。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。