明日の俺、今日の俺

リキは腰が低いんだね・・・
昔昔のガールフレンドにそう言われたことがある。
どっちの意味かな?
若い僕はそう考えたが、もちろん若かった。
もっと周りに偉そうにしてほしい。
そうしてくれないと私は輝かしく生きられはしないわ。
それが答えだったと思う。
若者は往々にしてそういう尺度を持つ。

そのことに関しては最後の方で語るんだと思うから
置いといて。

僕は、たまに自分のことを俺と言うこともあるのかもしれないけれど、
だいたいは自称は僕である。
エリートの美しい年下の女性が、よく、僕が『僕』と言うときに
少しからかって『僕・・・』と、ほくそ笑むことがあるが
対象外であるから気にもしないが、まあ、だいたいは『俺』なんて
世間に大胆に言えない方なんである。
子供のころからそうなんです。

さて、それはそれで俺は俺。
明日の俺と、今日の俺、
どちらが大事なんだ?!俺!!??
と、自問することが増えてきた。

ちょっと前までは明日の俺が一番大事だった。

なんでだろう??

今になってはさっぱりわからない。

今は僕は本日只今このときの俺を一番大事に
してやろうと思う。

甘やかしてやるわけじゃないんですよ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。