ある日

僕のようなイイ加減でインチキな人間でも、
時には朝礼のような場で、コメントを言わなければ
いけない時があります。
その内容はクレーム時にリベンジするような内容を
礼節を込めて謙虚に正直に言っただけなのですが、
その話の持って行き方について
雄弁だ!大学教授みたい!!と
あとで絶賛されたことがありました(笑)。

そういうときは楽しいし、嬉しいですね。
言葉は便利ですが怖いです。
だから、不本意にだれかを傷つけるような
不用意な話はしたくないなと思うようになりました。

できればだれかが勇気を持ったり元気になったり
幸せになったりするきっかけになるような言葉を
使えたら・・・・と思います。

とは言え、僕は元気をあげるとか元気をもらったとか
安易に発言する人種が大嫌いです。
それで金儲けしたがる人はもっと嫌いです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。