夢日記20170919

夢日記なるものを書いてみる。(笑)

僕はよく夢を観ることを楽しみにしているが
最近は観ていなかった。

昨日、というか今朝方というか夜中かな?
一度目が覚めて、お腹が張っているのだけれどめんどくさいので
また寝ようとしましたが、なかなか寝付かれない。
今格闘している絵の描法でなやんでいる。また・・・・・・。

そんなかんじで半分起きているかんじであった。
寝られない。遅刻は厳禁です(爆)。

意を決してトイレにこもり、きばりました。
トイレの窓際には鉢植えが三つあります。
ささやかにこの夏も生きてくれました。

夜中に便意を誘い込むことができたのは久しぶりです。
ご飯の最中のひとはごめんなさい。

波がきました。

すっきりしました。

そのあとぐっすり寝ました。

夢をみました。
見ず知らずの人だけれど、小学の少年時代の居間のようなところに
僕よりちょっと年上の女性が座っている。

なんだかそのひとの一挙一動に無性に腹が立って、
今まで使ったことのないような(?)ヤカラな言葉で
その人をボロクソに罵った。僕が。オッさんの僕が(笑)。
すかしたようなおしゃれな女性にも見えるし、バカバカしいおばはんにも
見えました、だれかまったくわからない(笑)。

父や、弟はその場に居なかったような気がするが
母や妹は、『まあ!!』といった風に僕のガラ悪さに
びっくりしている。

そこから場面は一転し、広いボロ屋が映し出される。
どこかで観たような、住んだ経験もある間取りだが
微妙にアレンジされていて、違う。

いわずもがなそんなに広い敷地に僕は住んことはない(爆)。

しょうがないのでいろいろ巡って歩く。
変な部屋がある。
汚いのにやたらに天井が高かったり。
今ならDIYで使い勝手よく良い使い方がわかる。

なんで廃墟にしているんだろう?
部屋数は知らないうちに多くなっている。
知らないところだが、なんだか知っている。不思議な廊下。
板間があったり、絨毯があったり、赤い毛氈があったりだ。

部屋から部屋へ渡ると、空の部屋もあるし、だれか居る部屋もある。
なんだか、僕は売店を探したい気がしているが、何もない。閉店だ。
トイレはいろいろたくさんあるが、あまり入りたいトイレはない(笑)。

そこは何回か夢で観ているが、なんで夢のなかのイマージュは
実際に知らないものがでてくるのだろう????

よくわからないが、価値を知らずに踏み倒してきたものの
叫びのような気もするし、
若さゆえぞんざいに無視してきた宝物からの叱咤かもしれない。

そんなわけで昨日(今朝)は久しぶりに人間的に熟睡し、
このようなバカなブログを書く羽目になった経緯を
友にに記そうと思った。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

夢日記20170919 への2件のフィードバック

  1. ゆりりん のコメント:

    トイレスッキリできて良かったです(*^-^*)
    夢日記書くと良いらしいですね。

    自然と一体化ボロ小屋だったりお屋敷だったりシマスが
    夢の中で暮らしていて必ず悪霊というか怖いものが住んでいる部屋があって
    まがまがしい気であふれていてとても怖いのです。
    百鬼夜行を見る夢だったり着いていきたいのに脚が動かない夢
    ありますよ。

    夢って不思議ですね。

    • chikara のコメント:

      ゆりりんさん、ありがとうございます。^^
      こんな夢をみた!と多くのひとに知らせるのはなかなか
      恥ずかしく勇気が要りますが(笑)、書いといてよかったです。
      またおもしろい夢をみたら記そうとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。