憂国

ゆうこく

何それ?

夕刻??

なにそれ

そういうレスポンスが一番幸せだろう。

憂国という単語にはがっつり食いつく人と、軽くドン引きする人が
たぶん僕の頭のなかでは半々だろうと判断している。

されど憂国。

日本における商売の形態、
つまりお金儲けに関する現代日本人の態度、
お祭り騒ぎに便乗すること、
反戦、または震災復興の活動において
絡みつく芸術および商の利害、利権、巧みであやふやな偽善。
売名行為。
そしてもっと幼いレベルにおいては子供騙しの洗脳的といえる手法。
品格の欠如・・・
そしてデスクワークの武器商人。
まあいろんなもの。
うちさえよければいいのよという不完全な競争社会。
パスポート的に幅を利かせてなお今も学歴社会。
まあこれ以上はやめとこう。
僕に品がないのがバレてしまう(笑)

そういうものを憂国して
僕はあれからすでにもう二十年以上情けなく笑いながら
また、引きつらないようにリラックスをこころがけ生きている。

たぶん、憂国ではなく、それは世界にある種の憂を
僕はずっと子供の頃から感じているからだろうけれど。

まあ、素面でここまで書ける自分にあっぱれです(笑)。

明日からは楽しいこと、まあ、楽しかった思い出など
好きな友達だけに書いていきたいと思います。

だって、人間だもの。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。