あなたは今しあわせですか?

幸せと しあわせ の二種類がある日本。
僕は幼少の頃、外国かぶれだったので、
今はそういう言語、または奥ゆかしいニュアンスに富んだ
日本に生まれて幸せだったと思う。
もっと歳をとって、いわゆる悟りにはいったとき、
そうではなかったぞ!と狂ったように行動することが
ないように祈るばかりだ。

おにいちゃんの友達は『濃い(個性が強くビックリするような面白い
ドラマチックな展開をする)人が多いね!』
と妹からはよく言われた。そういう言葉が晩飯のときに会話で
出るときは今でも多く、もう三十年になるだろう。

確かにそうだ。

妹が静かで洞察力に優れているのも一理あるし、
僕自身が濃くないというのもある。
そこは同類ではないのか?と問題提起する妹によれば
僕も濃いのかもしれない。

さておき、
あなたは今しあわせですか?と
足元をすくうようにサッと近づいてくる人はもういない。
画商ビジネスを伴う人においてもだ。
僕もそこんとこ無敵になった。(笑)

まあそんなことはさておき、僕は今しあわせだろう。

たくさん物を持つと死後の整理には皆に迷惑をかける。

いろいろ卑屈なる理由をつけて僕のほうから遠ざかったひともいる。

また、何年も、また何十年もあっていないのに(会わないだろうに)はたと
偶然道で出会えたら変わらず続きを語れたりするひともいる。

そして、ついこのあいだ出会ってこれからお互いの
将来のいろいろが楽しみだ、という人もいる。

しあわせである。
そういうのは僕はわかる。

結局そうなっている。

しあわせである。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。