あなたは今しあわせですか?

幸せと しあわせ の二種類がある日本。
僕は幼少の頃、外国かぶれだったので、
今はそういう言語、または奥ゆかしいニュアンスに富んだ
日本に生まれて幸せだったと思う。
もっと歳をとって、いわゆる悟りにはいったとき、
そうではなかったぞ!と狂ったように行動することが
ないように祈るばかりだ。

おにいちゃんの友達は『濃い(個性が強くビックリするような面白い
ドラマチックな展開をする)人が多いね!』
と妹からはよく言われた。そういう言葉が晩飯のときに会話で
出るときは今でも多く、もう三十年になるだろう。

確かにそうだ。

妹が静かで洞察力に優れているのも一理あるし、
僕自身が濃くないというのもある。
そこは同類ではないのか?と問題提起する妹によれば
僕も濃いのかもしれない。

さておき、
あなたは今しあわせですか?と
足元をすくうようにサッと近づいてくる人はもういない。
画商ビジネスを伴う人においてもだ。
僕もそこんとこ無敵になった。(笑)

まあそんなことはさておき、僕は今しあわせだろう。

たくさん物を持つと死後の整理には皆に迷惑をかける。

いろいろ卑屈なる理由をつけて僕のほうから遠ざかったひともいる。

また、何年も、また何十年もあっていないのに(会わないだろうに)はたと
偶然道で出会えたら変わらず続きを語れたりするひともいる。

そして、ついこのあいだ出会ってこれからお互いの
将来のいろいろが楽しみだ、という人もいる。

しあわせである。
そういうのは僕はわかる。

結局そうなっている。

しあわせである。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

あなたは今しあわせですか? への4件のフィードバック

  1. Kazuyo.K のコメント:

    チカラさんご無沙汰です。
    ブログは拝見しております(読み逃げごめんなさい)
    ところで、もしかして、もしかしてですが、
    チカラさんに嬉しい春が訪れているのでは?と
    思ったのでメッセージしました。

    いつか嬉しいお知らせを聞けるのを楽しみにしています。

    • chikara のコメント:

      かずよさん、こんにちは。
      ブログを読み逃げもしていただいてるんですね^^
      心よりありがとうございます。
      こちらこそご無沙汰しておりますが、私にとっての巫女さんの
      お一人でもあられるかずよさんのことは
      忘れる日は無いざます^^
      嬉しい春ねえ、
      ロマンチックな意味のそういうものはないですが、
      日々激流におりますので(笑)、例えば奴隷船、または監獄、
      あるいはタイガーマスクの虎の穴に居るようなときに
      出会い、しばし仲良くしておりました戦友が神のご加護で
      夢ある新天地に出発する、というようなシーンが
      このところありました。
      当方はいまだ雪中行軍の最中で、飽きもせず、「抜刀隊」など
      エンドレスで聴いておるわけですから、日々、春とは遠い面持ちです。
      しかしながら、巫女様がそうおっしゃるなら
      「敵のほろぶるそれまで」がもう近いのかもしれませんね。
      その時は五輪書の『火の巻』を実践する希望と夢も燃え盛ります。
      そうなれば本当に春ざますね^^
      ふざけた乱文で失礼いたしますが
      本当の真意でございます。
      いつも遠くから近くからありがとうございますm(_ _)m

      • Kazuyo.K のコメント:

        私にとっても、チカラさんは大きな影響を受けた1人です。
        私達を出逢わせてくれた、N氏も旅立ち何だか寂しいものですが…。

        私は人生激変、鳴門海峡の渦巻きに巻き込まれる
        いや、その昔、折り紙で折った船を二層式洗濯機でグルグル回していた頃を思い出すような、めまぐるしい毎日です。
        ですが、何故か心は穏やかです笑

        巫女っていうより、魔王では!?笑
        でも、ありがとうございます。
        いつかゆっくりご飯しながら話したいですねぇ

        勿論、ご飯はチカラさんが作るのと、妹さんも参加のプチ飲み会!

        • chikara のコメント:

          かずよさんは、たぶんシャーマンですね。
          そんな感じがします。
          N氏は不思議ですね。とても程よい距離で若くから
          接してくれていました。完成された方だったと思います。
          いまでも亡くなったとは思えません。
          受け入れられないとか、そういうことではなくて、
          僕には何人か、もう亡くなっているのに
          いつも近くに居られるのを感じられる人がいます。

          さて、いつかの飯は是非したいですね。
          数年後か、もうちょっとかかってからかもしれませんが
          かずよさんとは、なんだか1920年代のアメリカあたりで
          酒とか飯とかしたいと思っております^^

          いつもありがとうございます。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。