いちばん初めの発注者

この間、というかちょっと前、あ、ちょっとだいぶ前かな?
てか、だいぶちょっと前だな。
ほんとうに丸一日休みが取れる日、義ちゃん(よしちゃん)と散歩した。

義ちゃんとの付き合いは高校入学のころだから、もうあと何年も待たず
40年を迎えることになる。
名前はちからっていうの?りきっていうの?
と彼は聞いて、ふうん、と言った気がするが、
いつも僕のことをリキちゃん!と呼んでいた。

彼はとてもインパクトがあった。というか印象的な人だった。
引き立つ人であるんだけれど、派手というカテゴリーには入らない。
僕自身は少年の頃から地味〜な人間で、色々目立たなくてはこの世界で
やっていけないだろう?と30代から40代、痛い試行錯誤もしてきたが、
今では本来の素材という、地味、そのものには最たる便利さを持ち合わせて
なんとかめんどくさい事象からも逃れ忍者的に生きているが(笑)、
義ちゃんの派手でないというところは、そういう地味というのでは決してない。
chic(シック)という感じがぴったりくる。

言ってみれば英雄的なキャラクターに例えると、「科学忍者隊ガッチャマン」でいうと
大鷲のケンではなく、コンドルのジョーであるし、
また、もっとわかりやすくいうと、スターウォーズなら、ルーク・スカイウォーカー
ではなく、ハンソロ船長ということになる。

要するに金ピカではなく、シルバー、それもいぶし銀的な渋み、まばゆいきらめきを
反射させるなら、プラチナなんだろうと思う。

高校出て僕は、レールも外れたスタートを始めるから、いつか好きな絵を描いて
のほほんと暮らせるよう小さなカフェでもやって、そこに自分の絵をかざろうという
夢のために、とりあえずは飲食系の店でウエィターをやることにした。
(その前に実は絵の勉強しながら道路工事のガードマンしばらくやったけど。笑)
まあ、その夢、いまはまだ叶っていないから僕のそういう話はさておき、
当時、義ちゃんはギンギンな、金銀のみならず、赤やブルー、グリーンや黄色、ピンク、
パープルと、色とりどりのまばゆい星を、シャウトした口から吐き出すジャケ写で
一世を風靡した「あの人」の髪をカットしたい!
という理由で東京に行った。
義ちゃんは高校出て美容師として京都で修行をしていた。

義ちゃんはいぶし銀なので、僕が彼のそういう話を自慢するのも、彼の美学からして
照れる振りでもして言わんといてくれ、、とそういう感じを醸し出すが、
彼は、そこんとこ、夢、数年で実現した。
いまではそれ以上のことやってきたし、またやってる。
だが、詳しいことは僕はいつも彼に聞かない。

義ちゃんとは、30年近く前に、神戸の須磨の山に登ったことがある。
登山は、僕、子供の頃、愛宕山に遠足で行ってしんどくて吐きそうだった
記憶があるから、得意ではなかったが、須磨寺近くの売店でパンか菓子?
それとジュースを買って登りだした。
義ちゃんは、「リキちゃん!登り切るまで飲んじゃだめだよ。」というので
なんとストイックな人なんだ〜〜〜と思った。
彼は絵も描いたりはしたが、陸上部で頑張っていたので
気合がはいった人だった(笑)。

それだけではなく、きっとそういうストイックさは、「禅」の感じから
来るものだと当時感じた。

そのあと元町あたりを散歩して、京都では清水寺あたりを闊歩して、あと
何処行ったんだろう?いろいろ忘れたけれど若かった、よく短時間で
いろんなとこ行った。
覚えているのは義ちゃんは南京町で買ったカンフーシューズで
清水寺から祇園方面に抜けるときポーズ取って、やたら嬉しそうだったことだ。

その後も何回も節目節目で彼とは会っている。
僕は絵で食うには、とりあえずイラストレーターになりたくて、
東京の出版社をめぐるのに彼の住むハイツにしばらく居てお世話になった。
今でも素晴らしい懐かしい思い出だ。

いよいよ活躍する彼の東京の日々、つかの間の京都での休暇を、夜の賀茂川で寝そべって
ビール飲んで川の流れる音を聞きながら、星を見た日も昔ながら遠くなく記憶に
新しく懐かしい。

そんな義ちゃんがこないだ京都に帰ってきて、朝早くから散歩した。

登山はお互いきついから(膝が痛い僕を気遣ってだと思うが。笑)
比叡山は朝一で、ケーブル、ロープェイで行こう。
その先は台風の爪痕があったので、迷ったあげくバスで延暦寺へ。
成り行きで公開のお説法を聞いた。

そこから降りて戻って叡電で一乗寺まで行き、八大神社に行った。
言わずもがな剣豪、宮本武蔵を祀った神社である。
なぜかというと、バガボンド、義ちゃん読んでたから。
今も昔も決闘相手の吉岡一門の人数のドラマの盛りに驚き不謹慎ではなく笑いつつ
神社を出ると何匹かのカマキリに遭遇。
久しぶりに見るカマキリに歓喜するも、二刀流の神様からのメッセージだと
ありがたく感慨にひたる(笑)。
詩仙堂に寄って、しばし庭を眺め和む。
あ、比叡山のケーブル待ちのときも、秋の空をベンチに寝そべって眺めていたなあ。

最高の休日だった。

そして哲学の道を経て、僕らは大文字(如意ヶ嶽)に徒歩で望んだのであった。
これ、思ったより50代の僕らにはきつかった(笑)。
大の文字の中腹まで行ったのだけれど、さすがに僕は疲れていまして、夕暮れ間近の
街の絶景を見下ろすも、記念写真を撮るほどの元気はなかったです(笑)。

それから百万遍あたりを散歩して、なにを食うか選び抜いたあげく、義ちゃんが
これにしよう!とインドカレー屋に入った。
なぜかインド音楽ではなく、僕らが入るやいなや、店員さんはアメリカン50’sの曲を
かけた。ビル・ヘイリーを久しぶりに聴いた(笑)。

ナンが大きくてうまくて腹一杯になり、義ちゃんが「もう無理」と言ったのが
面白かった。

徒然に書いたのに恐ろしく長くなってしまった(笑)。

また義ちゃんについて追々書くこともあるでしょう^^

そもそも僕の人生最初のイラストの発注者は義ちゃんだったのです。
どっちが最初か、忘れてしまったけれど、バンドやってる同級生がテレビのコンテストで
優勝したから記念に彼らのレコードを番組で作ってもらえる。
当初は義ちゃんが頼まれたのでしょうか?ジャケットのイラスト。
僕に描いてくれと。義ちゃん。
それと学園祭か文化祭のパンフの表紙だったな。
リキちゃん描いてくれよ。と。
僕は、当時も好きだったヘプバーンの似顔絵を描いたなあ。
彼はアーティストであり、職人であり、しかもディレクター脳をもった
人である。
真のところは求道者なのだと思う。
そこは実のところ、僕にも共通した芯なのだと思う。

それからもいろいろ僕は助けてもらってる。

来年の彼の店の年賀も描かせてもらった。
義ちゃんの依頼で新しい描き方をしました。
それ、義ちゃんとても気に入ってくれました。
ありがとう^^

彼の店、SOLO んでもってタカムラウンジ。

写真はこないだの大文字登山の日の写真から。
僕の写真の顔は、年々、亡くなったオヤジに似てきてガッカリする(笑)。

これは宮本武蔵と吉岡一門決闘の地にて。

大文字を下る時の夕暮れ

しんどいな、やめよかな、と言っていた時、たまたま出くわした外国の人に、あと何分?って、義ちゃんが聞いたら、あと 15分って言うので、じゃあ登ろか、と行ったところ
実はオイオイ!30分近くあった(笑)。
その人に撮ってもらった写真。

※追伸

太陽の反射光であるが、僕の膝に緑色の光がある。
こんな現象、なんてことないが、実はこの頃、この部分が半年に渡って僕、激痛だった。
もちろん、行きつけの、平川均整院に行き、日常には差し支えなくしていただいたし
山を登るにはさほど痛くはなかったが、剣道の蹲踞などは
とてもじゃないがまだできないほどだった。あぐらもかけなかった。凹むよね。膝痛。
が、しかし、不思議なことに今は劇的に快方に向かってる。
これ、本当のはなし。これがオチではないけれど。

カテゴリー: CHIKARA DEP'T, おいしい, お知らせ, ご挨拶, アート, イラスト, カルチャー, ギャラリー, コピーライト, テレビ, デザイン, ノスタルジー, ファッション, ラジオ, 京都, 京阪, , 仕事, 個展, 健康, 動物, 建築, 徒然, , 日常, 映画, 未分類, , 東京, 植物, 油彩, 百貨店, 神戸, , , 自然, , 芸能, 芸術, , , 音楽, , 風景, パーマリンク

いちばん初めの発注者 への7件のフィードバック

  1. ゆりりん のコメント:

    そういうおともだちは1番の財産ですね(*^-^*)
    チカラさんは水谷豊さんに似ていてカッコイイすね。
    私も母に似てきてビックリですよ。
    膝の緑の光はオーブですね。
    きっとチカラさんを守っている誰かが治してくれたんだと
    思いますよ(*^-^*)

    • chikara のコメント:

      ゆりりんさん、ご無沙汰しており失礼いたします。
      僕は良いお友達を持っていて幸運だと思います^^ありがとうございます。
      さて、18のころでしたかね?よく当時の水谷豊さんに似ていると言われたことが
      あります。最近またそう言っていただけるのは嬉しいですね(笑)。
      ちなみに僕の父は武田鉄矢さんにそっくりでした。
      本人は「わしは高橋英樹に似ておる!」と言っておりました(笑)。
      今年ももうわずか、来年に向けても体に留意してお互い良い歳にしましょうね^^

  2. 匿名 のコメント:

    待ってましたよ貴方の文章が大好きです。

    足はひさちゃんが持っていってくれたのかもね!
    三色団子見るたびに、お父さんを思います。

    • リーア(kaz) のコメント:

      足はひさちゃんが持っていったと、ホラーな文章になってる!(笑)
      足の痛みはお父さんが持っていってくれたのかなー
      それとも、叔父さんと二人で持っていってくれたかも

      • chikara のコメント:

        リーアさん、その節は、また、いつもありがとうございます。^^
        父、ひさちゃん(笑)の三色団子、よく覚えてはりますね(笑)。
        僕はこの三色団子、どちらかというと好きではないですが、いつか
        懐かしく、好物の一つになるのかもしれませんね。僕はそういう生き物です(笑)。
        ホラーな文章、大丈夫です。僕は気が付きませんでした^^;
        毎日なにかしら疲れているのでほったらかしですが、
        年内には行ける範囲のご先祖さまのお参りにはきちんと行こうと思っています。
        私はなにかと守られているんでしょうなあ〜。

  3. リーア のコメント:

    かっぱ巻きも覚えてますよ☺️
    卒塔婆、などなど。いろんな意味でラブリーなお父さんだった。
    お母さんの反省猿も好きだったなー

    • chikara のコメント:

      リーアさん、よく覚えてはりますね^^;
      僕はその逸話、ちょっと忘れかけていました(笑)。
      そういえばそんな話もあったかと。。笑
      なんか父、母の話は恥ずかしいものですね。
      最近は、僕が何か書くということが一番恥ずかしいのだけれど。
      誰が見ているかわからないこんなブログですが
      僕が嫌な人が見ているかもしれないですからね(苦笑)。
      でも、書いてという友達もいるから
      年明け、またいつか書きますね。たぶん。^^
      いつも
      ありがとうございます。
      良いお歳を!今年もお世話になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。