スパイス

スパイスについて感動したり、幸せになったのは
僕が22歳か23歳だったと思う。
今はゲーデルくらい海外の人で溢れている特に京都ですが、
当時は今まで知らなかったそういうものを海外のお友達に
教えてもらったりしたものです。

とりあえずビールみたいな宵の口を過ごしていると
深夜までは超特急にのっているような日常になります。

で、

今日は赤唐辛子と黒胡椒を入れ、そこに少しシナモンを加えた
ジンジャエールの原液を仕込んでいます。
あしたからそれをソーダ割りにしてとりあえずジンジャー!^^にします。

ちなみに今日は鶏肉を買い、オールスパイスをふりかけ
塩胡椒で味付けし、晩ご飯にします。

スパイスをいろいろ使いこなしたいです。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

Grease

梅雨のシーズン、大雨で大変なところも今日はあるでしょうね。
さて、京都の方は今日は晴れ。
昼間は熱中症の人も出たらしいと通りで人々の会話で聞きました。

さて、この時間はいくぶん涼しいです。
青空はまだ高く、日差しのコントラストはもう夏です。
日差しがまぶしいです。
とはいえ、昨日の雨も去り、風は秋でもないのに少しセンチメンタルな
ムードを含んでいます。

こういう初夏は好きです。
恋をしているわけではないけれど(爆)、ロマンチックな気分です。

Greaseという映画がありました。
たぶん僕が高校一年のときだったと思います。
オリビア・ニュートン・ジョンとジョン・トラボルタ主演のヒット映画でした。
話題になりました。
観に行きました。
1950年代、テディボーイの定番スタイルは革ジャン&リーゼントでしたから
僕ら当時の学生時代の日本のヤンキースタイルに似ています。
だけど、それとちょっと違う(笑)。

ヤンキーというカテゴリーについてはまたいつか書きましょう。
僕、いわゆるヤンキー、好きではないです。あ、友達にはいい人が多かったけど(笑)。

てか、今は僕、特攻服を着用するヤンキーにスピリットは近いのかもしれませんが、
あ、いや、それそうになりました。
今日はそんなことはどうでもいいです。

中学の頃、オリビアさんが好きでよくレコードを聴いていた僕でしたから
すぐ、そのGreaseを観に行きましたが
オールディーズの音楽の虜になったのはもちろんのこと、
なんせ一番心痺れたのは、テディボーイ達がジーンズをロールアップして
黒いバスケットシューズを履いていたことでした。

今はどこにでもあるオールスターなどのバスケットシューズ。
しばらくして日本にも入荷してきました。
でも高くてなかなか買えなかった。

街の靴屋さんで似たような黒いバッシューを探しました。
何足か履きつぶしました。
アルバイトをするようになって、やっとアメリカ製のバスケットシューズを
高2の夏くらいに買ったのでした。

なんども眺めて手にとって枕元に置いて寝たものでした。

今はそのGreaseのサントラ盤など聴いています。
懐かしくセンチな気分です。

なんつっても最後にエントリーしている「慕情(Love Is A Many Splendored Thing)」は、いつ聴いてもいいですね。この流れ、このかんじ。^^良い曲です。

それを照れ隠しのようにGreaseのテーマで割り込んで締めくくってくれる
ところが最高ですね。
なんとも言えん気分です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

自画自賛

幼少のころ、はたまたは青年期に数々のコンプレックスを
抱えながら、服装や髪型、及んではサングラスなどに護衛されて
なんとか生きてこれた私です。
もうすぐ55歳になります。
そこはかとなくナチュラルにするのが心地いい今日この頃を迎えます。

膝痛のピークも去りはじめ、今日は自分なりに剣道を頑張ってきました(笑)。
調子は普通です。
だけれども少しづつ体が喜んでいます。
幸せです。

今日がそうだったわけではないですが、今日の稽古ぶりは良かった!
自分なりに最高だった!と思う日が何回かありました。

そういうとき、先生のどなたかから「ちょっと、わたなべくん」
と、呼ばれたとき、それはものすごく褒められるのかな?^^と
期待してアドバイス聞きに駆け寄るのですが
そういうとき、
『あのな、渡辺くん、打った後でな、歩いとったで・・・・』

というのがありました。
(剣道は基本は摺り足です)

自分のショボさにがっかりするわけですが、
そういうことはよくあります。
日常全般において。

で、
それを心して踏まえた上で、
今日は二枚、絵を描きました。というか描いている最中です。
注文制作を。

今日は久しぶりに、たぶん10年ぶりくらい。
筆は迷いなく走っています。
これが好きでした。
絵を描くことが好きなのは、これが原点でした。
とても幸せです。

自画自賛。

僕は自分をある意味、もちろん信じていませんが
こういう幸せな時間は生きる上で一番大事なことと信じています。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

初夏どすね

初夏どすねってなんどすねん。
普通の京都人はどすとかどすねんとか言いません。
京都を演出した場合のテレビや、そういうお約束がある
空間のみに生かされています。笑。

もうよろしいでしょう。
京都の演出・・・・・。

一時期は僕も業者に踊らされて、サイケな色のポップな絵柄の
浴衣などを作ることに今は亡き、若い日の才能を注いで
恥ずかしい仕事もしたことがあることを
棚に置きつつ、
多くご入落、あ、御入洛される海外の成金さんの派手な柄や
外股でお歩きになるそういう女性さんなどを観つつ、
憂国を噛み締めております。

あ、
今日こそは健康な書き出しをしたかったのですが、
ある意味、もう僕は健康ではないし、そういう僕を非難する人は
もっと重病なのでしょう。

ま、さておき、

初夏の京都の東方面の山の画像をお送りします。

左に観えますは比叡山。右に見えますのは大文字どす。

山は不思議です。
繋がっていますね。
大文字などは寝そべったネコか犬のようで
「大」の部分がその顔のようです。

うっとうしい夏が終わったら、もう、ここ数年は
秋がないので一気にクリスマス、年末、お正月の
馬鹿馬鹿しい日々の京都になりすます。

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント

やってみたいこと

ぼくはしんせんぐみについてあまりよくべんきょうしていませんでした。
そんなにすきでもなかったとおもいます。
だけども、あるセリフがあって、なんかこころにひっかかって
いつかやりたいなあ、というもののひとつに
『御用改めであ〜る!』
といってらんにゅうすることです。
やりたいです。
てかやってみたかったです。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

幸せな未来

チカラさん、どうか今後も末永くご健康に
そして画業のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
と、言われるとありがとうございます、と答える僕です(笑)

人はその命が尽きるまで活動して生きて、動けなくなって
醜く死んでいくことを選択することが一番良い。
美学に法って生きるのが良い。
と、僕は信じています。

まあ、だけど、僕以外の多くの人間、ともかくこれからの若い人には
そんなしょうもないことはどうでもいいことでしょう。

膝の養生をするため、だらだらと過ごす食後の僕です。
カルボナーラなど作って食っています。
(こういうことだけにコメント入れないでね(笑))
あ、膝痛いなあ、というだけのことで、電車代ケチるためには歩けます(笑)。

さて、
僕、テレビを観ていました。
ホームレスの時代が到来するんですね!
不快です。

あ、

間違いました^^;ごめんなさい。

キャッシュレスの時代が到来するんだよ!と、
テレビが煽っていたんでした。直感的に不快です。

便利だなあ〜!画期的ですね!
チカラさん^^

そうですね^^未来はすばらしいですね^^

と、僕は無責任に笑うでしょう。

だけどねえ、
大体のことはもうどうでもいいの。
僕、長生きもしたくないし。

ただねえ、
僕の生きている間に実行したいことは
『権利ビジネス』を崩壊させる。
そうしたい。
心より。

おいおい、そんなことをしたら、三年後に君の発表する本や、
二年後に台頭する画商の〇〇が仕込んでくれる版権や、
君が今まで損してきた版権および知的著作権によって
ブリリアントな展開がくるというのになってこったい!!??
(妄想ですよ。妄想・笑)

という煩悩溢れた君たち。

目を覚ましたまえたまえ、
いま僕らが天誅すべきものの一つは

『権利ビジネス』である。

共に戦い共に死のう!!(笑)

カテゴリー: お知らせ, ご挨拶, 未分類, | 5件のコメント

底辺

このところ底辺ということについてよく考えている。
昼間も寝入り端も、夢の中ではそうでもないが、
朝起きて、タバコとコーヒーで一服しながら
トイレ行って、窓辺の朝日を浴びる最中も
「底辺」について考えている・・・・。

渡辺さん、辛いんですね。悩んでいるんですね。もがいて
いるんですね。。。。と、面白半分に同情してくれている
人もいるんでしょう。

否。

底辺×高さ÷2

は、つまり三角形の面積を割り出す公式である。

算数や数学は嫌いだったから
もう忘れかけていたんだけれども、

底辺と高さ

そして三角形とはなんぞや???

ということについて

最近は座禅しているのである。

酒を飲みながらだから邪の座禅である。

でも、

まだ酒が飲める。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

青年

いつからだろうか?
いや、もともと僕はそういう人間なのかもしれない。
年上の人にはそうもいかないが(たぶん)、僕はだいぶん
年齢差のある年下の青年でも、同年くらいの、年齢差のない
感覚で接することができる。
もちろん、相手がひいて、あんたみたいなじいさんは勘弁やで、、、
という場合は遠慮することが多いが
そうでない限り、普通に接することができる。
それはとても幸せなことかもしれない。
古式な喫茶店でコーヒーを飲んだ。
酒ではなく(笑)。
良い時間であった。
話はちょっとずれるが、だいぶん年上の人であっても
その人の中に住んでいる「少年」を僕は見ることもできる。
本当に幸せなことかもしれない。

異性の場合はどうか?
女性は手強い場合が多いので、そういう観念から外れる。(笑)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

晩御飯とBGMあるいは流す画像

晩御飯とBGMあるいは流す画像
皆さんにもいろいろあるでしょう。
今日はカルチャー教室の日でしたが、
あ、もちろん絵を描くことの愛好家の集いでしたが
みんなで共通した会話は膝痛の話でした。(笑)

さておき、遅くなった日は外食が簡単なんですが、
僕はどうも外食より、家でご飯を食べる方が基本的に好きです。

今日はどうしても鶏が食べたくなったのですが、
ハタハタが言い値で売っていました。美味しそうです^^

で、どうしようかな?
と、考えた挙句、それぞれをフライにすることにしました。

こないだもフライに話をしましたね。
毎日フライをしているわけではないですよ。
今日は金曜ですからね(笑)。

調理中、バックで流しているのは、日本剣道形というDVDです。(笑)
今日はそれがぴったり来ますね(笑)。

話は戻り、変わったりしますが、映像ならヒッチコックの『裏窓』、
音楽なら、ナット・キング・コールの曲を聴きながら台所にいるのが
好きな僕です。

僕の友達ですばらしいミュージシャンがおりますが
彼の曲でなんの料理を作りたくなるのか?
それがまだわからないです。(笑)

まあ、今日は剣道形のDVD。(笑)

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

マイブーム

子供の頃はしょっちゅうマイブームがあった。
最近またマイブームを楽しみたいな、と
思ったから書くのではないけれど、

最近のマイブームは、角野卓造さんだな。

なんていったら良いのだろうか、
とても品格のある方である。

そういう人に僕もなりたい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする