やってみたいこと

ぼくはしんせんぐみについてあまりよくべんきょうしていませんでした。
そんなにすきでもなかったとおもいます。
だけども、あるセリフがあって、なんかこころにひっかかって
いつかやりたいなあ、というもののひとつに
『御用改めであ〜る!』
といってらんにゅうすることです。
やりたいです。
てかやってみたかったです。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

幸せな未来

チカラさん、どうか今後も末永くご健康に
そして画業のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
と、言われるとありがとうございます、と答える僕です(笑)

人はその命が尽きるまで活動して生きて、動けなくなって
醜く死んでいくことを選択することが一番良い。
美学に法って生きるのが良い。
と、僕は信じています。

まあ、だけど、僕以外の多くの人間、ともかくこれからの若い人には
そんなしょうもないことはどうでもいいことでしょう。

膝の養生をするため、だらだらと過ごす食後の僕です。
カルボナーラなど作って食っています。
(こういうことだけにコメント入れないでね(笑))
あ、膝痛いなあ、というだけのことで、電車代ケチるためには歩けます(笑)。

さて、
僕、テレビを観ていました。
ホームレスの時代が到来するんですね!
不快です。

あ、

間違いました^^;ごめんなさい。

キャッシュレスの時代が到来するんだよ!と、
テレビが煽っていたんでした。直感的に不快です。

便利だなあ〜!画期的ですね!
チカラさん^^

そうですね^^未来はすばらしいですね^^

と、僕は無責任に笑うでしょう。

だけどねえ、
大体のことはもうどうでもいいの。
僕、長生きもしたくないし。

ただねえ、
僕の生きている間に実行したいことは
『権利ビジネス』を崩壊させる。
そうしたい。
心より。

おいおい、そんなことをしたら、三年後に君の発表する本や、
二年後に台頭する画商の〇〇が仕込んでくれる版権や、
君が今まで損してきた版権および知的著作権によって
ブリリアントな展開がくるというのになってこったい!!??
(妄想ですよ。妄想・笑)

という煩悩溢れた君たち。

目を覚ましたまえたまえ、
いま僕らが天誅すべきものの一つは

『権利ビジネス』である。

共に戦い共に死のう!!(笑)

カテゴリー: お知らせ, ご挨拶, 未分類, | 3件のコメント

底辺

このところ底辺ということについてよく考えている。
昼間も寝入り端も、夢の中ではそうでもないが、
朝起きて、タバコとコーヒーで一服しながら
トイレ行って、窓辺の朝日を浴びる最中も
「底辺」について考えている・・・・。

渡辺さん、辛いんですね。悩んでいるんですね。もがいて
いるんですね。。。。と、面白半分に同情してくれている
人もいるんでしょう。

否。

底辺×高さ÷2

は、つまり三角形の面積を割り出す公式である。

算数や数学は嫌いだったから
もう忘れかけていたんだけれども、

底辺と高さ

そして三角形とはなんぞや???

ということについて

最近は座禅しているのである。

酒を飲みながらだから邪の座禅である。

でも、

まだ酒が飲める。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

青年

いつからだろうか?
いや、もともと僕はそういう人間なのかもしれない。
年上の人にはそうもいかないが(たぶん)、僕はだいぶん
年齢差のある年下の青年でも、同年くらいの、年齢差のない
感覚で接することができる。
もちろん、相手がひいて、あんたみたいなじいさんは勘弁やで、、、
という場合は遠慮することが多いが
そうでない限り、普通に接することができる。
それはとても幸せなことかもしれない。
古式な喫茶店でコーヒーを飲んだ。
酒ではなく(笑)。
良い時間であった。
話はちょっとずれるが、だいぶん年上の人であっても
その人の中に住んでいる「少年」を僕は見ることもできる。
本当に幸せなことかもしれない。

異性の場合はどうか?
女性は手強い場合が多いので、そういう観念から外れる。(笑)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

晩御飯とBGMあるいは流す画像

晩御飯とBGMあるいは流す画像
皆さんにもいろいろあるでしょう。
今日はカルチャー教室の日でしたが、
あ、もちろん絵を描くことの愛好家の集いでしたが
みんなで共通した会話は膝痛の話でした。(笑)

さておき、遅くなった日は外食が簡単なんですが、
僕はどうも外食より、家でご飯を食べる方が基本的に好きです。

今日はどうしても鶏が食べたくなったのですが、
ハタハタが言い値で売っていました。美味しそうです^^

で、どうしようかな?
と、考えた挙句、それぞれをフライにすることにしました。

こないだもフライに話をしましたね。
毎日フライをしているわけではないですよ。
今日は金曜ですからね(笑)。

調理中、バックで流しているのは、日本剣道形というDVDです。(笑)
今日はそれがぴったり来ますね(笑)。

話は戻り、変わったりしますが、映像ならヒッチコックの『裏窓』、
音楽なら、ナット・キング・コールの曲を聴きながら台所にいるのが
好きな僕です。

僕の友達ですばらしいミュージシャンがおりますが
彼の曲でなんの料理を作りたくなるのか?
それがまだわからないです。(笑)

まあ、今日は剣道形のDVD。(笑)

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

マイブーム

子供の頃はしょっちゅうマイブームがあった。
最近またマイブームを楽しみたいな、と
思ったから書くのではないけれど、

最近のマイブームは、角野卓造さんだな。

なんていったら良いのだろうか、
とても品格のある方である。

そういう人に僕もなりたい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

あなたは今しあわせですか?

幸せと しあわせ の二種類がある日本。
僕は幼少の頃、外国かぶれだったので、
今はそういう言語、または奥ゆかしいニュアンスに富んだ
日本に生まれて幸せだったと思う。
もっと歳をとって、いわゆる悟りにはいったとき、
そうではなかったぞ!と狂ったように行動することが
ないように祈るばかりだ。

おにいちゃんの友達は『濃い(個性が強くビックリするような面白い
ドラマチックな展開をする)人が多いね!』
と妹からはよく言われた。そういう言葉が晩飯のときに会話で
出るときは今でも多く、もう三十年になるだろう。

確かにそうだ。

妹が静かで洞察力に優れているのも一理あるし、
僕自身が濃くないというのもある。
そこは同類ではないのか?と問題提起する妹によれば
僕も濃いのかもしれない。

さておき、
あなたは今しあわせですか?と
足元をすくうようにサッと近づいてくる人はもういない。
画商ビジネスを伴う人においてもだ。
僕もそこんとこ無敵になった。(笑)

まあそんなことはさておき、僕は今しあわせだろう。

たくさん物を持つと死後の整理には皆に迷惑をかける。

いろいろ卑屈なる理由をつけて僕のほうから遠ざかったひともいる。

また、何年も、また何十年もあっていないのに(会わないだろうに)はたと
偶然道で出会えたら変わらず続きを語れたりするひともいる。

そして、ついこのあいだ出会ってこれからお互いの
将来のいろいろが楽しみだ、という人もいる。

しあわせである。
そういうのは僕はわかる。

結局そうなっている。

しあわせである。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

フィッシュ&チップス

20代後半のころ、ファッション雑誌ではよく食についての
コラムもありました。
ファッションと食が密接になったのはいつでしょう?
主婦の友からでしたか?
だいたい僕らの年齢のお友達はanan世代です(笑)。

今の子にはピンときませんね。
コンビニ売れ筋フードで知識はありますからね。

まあ、多方面に鑑みてどうでも良いです。

多感なころ、フィッシュ&チップスというものを
文字で目にしました。

神戸のキングアームスだったか?
そういうところで、初めて食してみたのが
僕の30代でした。

こういうものかあ〜^^
美味しかったですね。
小学校高学年にさしかかるころ、ハンバーガーとか
ポテトフライの素敵さにこころ踊った僕は
なんか総括しちゃいました。

今日はアブラカレイが良い値段で売ってたので
それで揚げました。

画像は?って
インスタ女子ではないから、
それはしないです(笑)。

ともあれ、
ハンバーガーとかホットドッグとか、
いろいろ
こどものときときめいたそういうものを出すお店を僕は
やりたいですね。
18歳くらいのころからの夢です。

頭の中でいろんな絵が描けます。
安全のため画像アップはしないけれど。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

古式

古式に則って、私はこういう技法で、かつ、こういう画材でもって
先人に学び、それでもなお、おこがましい事ですがチャレンジし、
その結果優れたるものであるとおっしゃっていただけましたならば、
私の生涯において、秘する勲章になりますから誠に光栄なことで
ございます。私を起用してくださいまして誠にありがとうございます。
心より感謝申しあげます。

そういうのが真実の日本的、美学であります。
殊に寺社仏閣に関わる美術に臨んでいくにあたり
それは日本人としての最低限の心構えです。

その逆は愚の骨頂となります。
今はこういう軽い時代ですから、このようなものにはこういう簡単な
画材で描くのがよろしゅうございます。ロックでっしゃろ?
かの〇〇もきっとこういう現代の画材で描いたでございましょう。
愚の骨頂です。

その逆もあります。
そもそも古式に則って挑まねばならんものですが
うちは構わんよ、ポップにやってくれたまえ。
そのほうが女子受けが良いから^^・・・とか。
その場合はその限りではありません。
それなら良いでしょう。

そもそも、古式に則ってやってほしいと思っている先方さまに
こちらから簡単な子供の画材で描くことを提案する画家というのは
詐欺師であります。
私は至らぬ偽物ですと辞退するがよろしい。

さて、古式とはなんでしょう?
話はうっかり飛んでしまいましたが、
お相撲の世界では土俵には女人禁制というのがありますね。
今、波紋を呼んでいますね。

日本の祭りには女人禁制というものが多く存在します。
京都の祇園祭もそういうのあります。
そもそもこの手のお祭りは今や本末転倒してもいると思います。

近代社会には、女性トイレに男性が侵入すれば基本的に逮捕です(笑)。
法にはまだ触れませんが、女性専用車両に男性が入ると基本的に女性の
多くの視線でフルボッコされます。
当然ですね(笑)。

あ、また話はそれました。

そもそもお相撲がスポーツになりさがったのがいけないです。
戦後、英雄観というものが急速に変わりました。
スポーツは特にそうです。
巨大なお金を生み出すビジネスになりました。

「禁制」を叫べるのは神事です。
古式の、つまり「密」な行事でのみ存在するはずです。

あまりに一般的な人々が楽しむようなお祭りになってしまったのが
原因です。

スポーツはもちろん、芸能に関してもまったくそういうことが
言えます。

それ以上は今日はいうのをやめましょう。

純粋な友達が傷ついたりする。

言いたいことはそもそもの土台が戦後の金儲けという魔物に
毒され腐敗し、権威を求める腐臭発する人々がそこに絡もうとする
嫌な現代を作ったいまや目の当たりに見る醜い現実のことなのです。

そういうものを僕らはトルチョックしていくよう
日々精進しなければなりません。

今日の京都は雨。
Singing in the Rain

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

進むこと

子供のころはとにかく絵を描くことが好きだった。
描きたいから描いた。
描きたい時に描いた。
描かずにはおられないし、いますぐ、怠い学校から
帰って描きたい描きたいという時に描いた。

どうしたら僕は絵を描いて生きていけるの?

そういう卒業のシーズン、僕は先生には聞かなかった。
先生の言うレールからは外れていただろうから。
友達がどう指南されたかいろいろ聞いて僕には
該当しない話なんだな。と思ったから。

よく遊んだ。
親不孝であったけれどもよく遊んだ。

そしてわかった。

レールから外れて行動した結果、そのレールにいるよりも
速く、本物を手に入れる方がカッコいいと。
先生は臆病だから僕には本当の「道」を教えることはできないから
レールのことしか話せなかったからだと。
「道」はたぶん先生も体験したことがないのだと。

ミューズの女神は早いうちに、僕に夢を見せてくれた。

面白かった。簡単だった。

そして僕のようなそういう人間から搾取してお金持ちになるべきと
育てられたのであろうたくさんの人に出会った。
(いまではほとんど消えている。生きていようが死んでいようが関係ない)

とても疲れた。40歳すぎた。

ミューズの神はとても僕には慈愛に満ちていた。
ある人を巫女に使って僕に告げたものだ。
その年がくるずっとずっと前に、、、。

あなたにはちょっとした夢を観させてあげたけれど、
どう?楽しかったかな?
でもこれからはそうはいかないね・・・・。
と微笑んでくださった。

絵は要請がある限り描いている。
が、しかし、少年の頃のように命を削っては描かないだろう。
(ありがたいことに今は怠け者ゆえに生きているけれど)

ところで抜刀隊という曲が好きである。
当時の敵味方のことを考えるとあまり言うべきことではないが
音楽構成が好きである。

毎日、絵とは関係ないことに一生懸命にやらなければいけないことも
ある。ここ10年はそんな感じだ。そういうBGMだ。

敵の亡ぶる夫迄は死する覚悟で進むべし。

敵はなんなのか?
その敵が滅ぶまで僕は言わないと思うが、
そうやって僕はしばらく生きるだろう。

とにかく僕の敵は僕ではないことを切実に願う今日この頃です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする